ユニヲンジャック

柏レイソルも高安も逝って僕は無敵の人になってしまった。

天皇杯 vs横浜F・マリノス (2017)

柏レイソル 1-2 横浜Fマリノス

得点:ハモン

終わりました。ぐわーッ。

前半10分、夏の新加入選手ハモンロペスのスーパーゴールで幸先よく先制。

何度見てもあの位置からシュートは圧倒的に異教徒で笑う。

その後も危ないシーンをほぼ作らせないまま前半終了。クリスが今日もクリスだったことを除けば、ここまでは非常に良い試合運びをしていた。ここまでは。

打って変わって後半。

リーグ終盤でも見られたピッチサイドが変わるとリズムが崩壊する現象が今日も発生。具体的に言うと、

  • DFからビルドアップするところに強めのプレスをかけられる
  • 1点持っている怖さからショートパスを避けてロングボールを多用
  • マリノスDFは高さに強くてマイボールに出来ない
  • たまにこぼれて来てもロングボールで中盤を省略した反動でフォローするべき選手が近くに居ない

⇒ 死

お分かりいただけただろうか。

つまりは勇気を持って繋ぐ必要があった……のかもしれない。それでプレスに掛かって死のパターンもあったし全ては結果論なのだ。

結果論といえばIJを代えてしまったことも相手からしたら助かったのかもなあ。

普段なら武富投入の相手は中川なのだけれど、今日の中川は凄く良かったから残したかったのも分かる。

采配をついて語るならそもそもディエゴが居なかったのが意味不明なんですけど。僕のディエゴをどこにやったの……?

後半は90分のうちに負けてもおかしくない内容だったけれどなんとか延長へ。

大津、武富の起用が予想外に良く、延長に入って再びリズムが生まれはじめる。

ここに来て何度か決定機も作る……が、決めきれない。獅子奮迅の働きを見せていたクリス、ハモン、ボギョンがヤバくなってくるけれどいま彼らを代えるのは自らタオルを投げるようなもの。祈るしかない。

迎えた延長後半13分、カウンター一閃。祈りは届きませんでした。

ラストにはボギョンの完璧なオーバーヘッドもシャットアウト。思わず天を仰ぐとそこには夜空。

太陽の神に冬至の試合か……

久しぶりにチラ見えしたタイトルへの夢。それは夢のまま、2017年のレイソルの戦いは終わった。

今日は良かっただけに、両失点シーンの小池と輪湖の一瞬の判断ミスは悔いが残る。輪湖は試合後泣いていたけれど、それ以上の意味はないですよね……?

僕が憶えているシーズン終了時泣いていた人は橋本(2014)とクリス(2015)

あっ……

いや洒落にならないぞワコ抜けたら。ホント頼むよワコ。

ともかく今日でシーズンが終わってしまったので、逆に言うと「ら」のシーズンインだ。今年はレイソルに限ればあまり大きく動く気がしないけれど、(そんな交渉が有り得るのか分からないけれど)ACL次第だったりするのかな。

プレーオフ出場なら1月30日だぞ! スーパーブラックJリーグ。

~ユニヲンジャックはセレッソ大阪を応援しています~

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ