ユニヲンジャック

柏レイソルも高安も逝って僕は無敵の人になってしまった。

J-32 vs鹿島アントラーズ (2018 2nd) ~加藤監督ラストマッチ~

柏レイソル 2-3 鹿島アントラーズ

今までずっと、何が何でも残留したいと思っていた。

その思いは今も変わらないけれど、サポーターの色メガネ全開で「柏レイソルがJ1にいることが正義」だと思っていた頃とは気持ちが変わってしまった。

僕はJリーグ自体のファンでもあるので、果たしてこのチーム(組織)が本当に残留に値するのか、柏が残る以上代わりに落ちるチームがあるわけでそれは正しいことなのか、なんてことを考えてしまった。

試合の話します。

出会って6分で失点。「入りは良かった」

瀬川の2得点は素晴らしかった。今日はIJもキレてたんだけれど、ゴールが生まれなかったなあ……

僕が観ていての攻守の課題は、攻撃ではどう考えても選手間の距離が遠い。

結果を焦っているのか「それが通れば苦労しねーよ」or「サイド一辺倒でも中が居ないんだよ」ってポジション取りが多かった。

サッカーの打開で1番スタンダードなのはワンツーだと思うのだけれど、今日の前半と後半ではダイレクトパスの本数が全然違うと思うのだ。前半はけっこう崩せていたのにナー。

その辺り、倉敷さんも言っていたけど一見パッションが足りないように見える江坂が実は冷静に上手く中継点を作ってくれていたんだなと。

守備の課題は寄せが甘いことかなあ。

ガッと寄せると躱されたとき途端にピンチになるからチームがノッてないときに腰が引ける気持ちは分かるのだけれど、毎回じゃなくても良いから厳しくチェックして相手のリズムを折るような戦い方も必要だったのかなと。

今日カード0枚ですからね。個人的にクリーンさって全然長所じゃないと思っているので、うーん。

だって累積なら高々1試合出場停止で最大4回相手のチャンスを潰せるわけじゃないすか、その辺のルールの穴を考えたらやっぱり色んな意味で寄せが甘かった。

まあとにかく今日までずっとレイソルを観ていて、J1を舐めきったことをするチームは低迷して必然だしそうなるべきだと強く思う。

名古屋の小倉監督、フォルランでイキってたC大阪、セホーン呂比須のG大阪、対岸の火事を眺めながら、なぜ自分たちは焼かれることはないと高を括っていたのだろう。

加藤望さんは現役時代すごく良い選手で、もちろん彼に監督の能力もあれば1番良かったのだけれど、

今となってはこの人格者のOBはどうしてここまで追い詰められて全てのサポーターの舌打ちを浴びながら不相応なステージで「申し訳ない」と頭を下げ続けているのだろうという気持ちで一杯だ。

あと2試合です。

来年もどうせサポーターであり続けるのだから、せめて一縷の光を見たい。それすらも贅沢な願いなのだろうか。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ