ユニヲンジャック

ドラクエ10完全に放置しているのにエル子が地味に読まれていて申し訳ない。

J1-20 vsコンサドーレ札幌 (2018 2nd)

北海道コンサドーレ札幌 1-2 柏レイソル

よーーーし!!! 勝利!!!!

中断明け初戦を勝利で飾った我がレイソル、ここから連勝だ!(現実逃避)

……いやあ、良かった。

1勝がここまで嬉しいのは吉田達磨体制のHガンバ戦以来かもしれない。明けない夜はないのだ。

30度を優に切る札幌、序盤からのオープンな展開、と漂う例外っぽさはあるのだけれど、

最後まで戦い抜いての勝利を素直に喜びたい。Hooo↑↑↑

アンカーを諦めてシステムを戻したことと、ボギョン→瀬川(江坂)のリズムがハマったことが勝利に繋がったと思う。

ボギョンは上手いのだけれど、ここのところ頑張りすぎてリズムが合っていなかったのは感じていたので、さもありなんと言ったところ。

一度外から観ることで取り戻してくれる感覚もあるのじゃないでしょうか。

試合は前半から意味不明にランアンドガン、簡単にチャンスを作られてはシュートをブロック、チャンスを作ってはシュートを枠外、というアツい展開が続く。

縦への推進力を失ったクリスは観ていて悲しかったけれど、その後の大気圏シュートで爆笑した。通常運転。

その後若干イップスみたいになってシュートを躊躇っていた感じだけれど、マジなら発症が4年遅いからな! むしろもっと撃てや! 今さらビビってんじゃねーぞ!!って感じだ。

逆に今まではクリスがシュートを撃つところまですら作れていなかったのだと思い返す。クリスが外しているときチームの状態は良い傾向にある。

そして瀬川の先制ゴール。前節からやってくれそう感のあった瀬川がリーグ初ゴール、やったね。

そして後半、HTの指示がちょっと精神論から注意事項寄りになっていることに驚きつつも失点。

でも今日のレイソルに悪いムードは無かったというか、まあ中断明けから先制点取ったの初めてなんですけど、はい。

再三再四作ったチャンスから江坂が仕留めて勝ち越し。どうも、伊東純也FCです。

終盤は都倉投入でわちゃわちゃしたものの、こちらもブラジルカタール人ナタンを投入するなど上手くやりすごし、BIG WIN。

一応名古屋戦で勝ってはいたものの、ノゾさんの初勝利って印象も大きい。

システム変更もそうだけれど、なにより今日は攻撃に移るときにロングボールを蹴る回数が前3試合に比べて劇的に少なかった。

リスクを掛けてでも最終ラインと手塚から繋いでいて、ここで自分たちのリズムを作れたというか……

いやこれ下平サッカーじゃん。

というわけで、明らかなテコ入れで戦術を元に戻した決断はノゾ体制で1番分かりやすい指針で、シーズン途中での就任(しかもめちゃくちゃ負けが込んでたわけでもない)ならベターこの上ないなあと舌を巻くわけです。

それに加えて、1枚目で亀川を投入したり、ナタンでDFの枚数を増やしたり、枠を使い切ったりの交代策はシモ将とはちょっと色が違うなとも感じた。シモさんならまず瀬川→中川で動いたかなって。

残す部分、変える部分が明確になっていって、あわせて浮上していけると良いなと。頑張るぞ!

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ