ユニヲンジャック

ドラクエ10完全に放置しているのにエル子が地味に読まれていて申し訳ない。

J1-16 vsFC東京 (2018 1st)

柏レイソル 0-1 FC東京

結論から言いましょう。

今日はクソ暑かったのでノーカン、ノーカンです。

FC東京の得点だってオウンゴールだし? 実質スコアレス、というかジョンスのゴールで実質1-0。Hooo↑↑↑

試合自体はドイヒーすぎる内容だったのだけれど、流石にSASUGAにこれで全部とは思わない(思いたくない)ので、切り替えていこう、イエス!!

というワケでワ杯を挟んで中断明け一発目、前半戦パッとしなかった我がレイソルも冬のオフより長い準備期間をもらって加藤望新監督の下リスタートとなったわけだけれど、はい。

前半、細貝と大谷をボランチに据えてビルドアップを放棄した結果、ビルドアップが上手くいかなくなってしまった。

前半戦イマイチだった亀川もスタメンを獲得(競争相手不在)、いきなりスローインから高萩のシュートを演出するなど存在感を発揮。

ボギョンの右足シュートは良かった。ボギョンは左足縛りとか言っててごめんなさい。

軽くボコられつつもスコアレスで後半へ。

手塚を投入してビルドアップに意欲を見せるノゾ将。後半の頭から選手交代とかレイソルの監督らしくないぞ……?

(達磨氏とシモさんはどんなに前半ゴミクソでも後半20分まで選手交代は禁じられていた)

そして手塚効果で攻撃に光が見えはじめる→失点。

航輔は不運が続くな……無事を祈る。あとFC東京サポの航輔コールはスポーツマンシップに溢れていて凄く良かった。

そしてここから最高に形の見えないオフェンス風ボール蹴りが始まる。(まあ暑かったのでノーカンですが)

別に収めるのは得意じゃない中央クリスにロングボール、練習してるのか怪しい左の江坂は孤立、

右ではIJが打開して中央の大久保にクロスを何本も供給するもノーゴール。

おおよそ個の力とハプニングに頼った攻撃で何がやりたいのかマジで形が見えない。これは……。

その後もクリス宇宙、大谷オーバーラップから虚無、ボギョンの左足縛り、クリス宇宙、左に中川、とレイソル欲張りセットに順調に感情が失われていく。

最終的に中川にクロスを上げたところで頭の後ろで手を組むやつになりました。

あ~~~~、エムバペ獲得しねえかなぁ~~~~。

終わり。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ