ユニヲンジャック

柏レイソルも高安も逝って僕は無敵の人になってしまった。

J-34 vsガンバ大阪 (2018 2nd) ~栗澤引退によせて~

柏レイソル 4-2 ガンバ大阪

うおおおお!! 強えええ!!!

このチーム降格するの??? なんで????

というわけで、先週ウルトラCで降格が決定した我がレイソル、今日は9連勝中のガンバを沈めました。Hooo↑↑↑

岩瀬体制になって、前節は現地に居たのでよく分からなかったけれど、とにかく前任の「無」と比べて全てがオーガナイズされていて凄く良かった。

具体的には、(1)ボールホルダーに対する寄せが徹底されていたこと、(2)そして奪ったあとの割り切ったロングボール。

(1)寄せに関しては「かなり接近して前を向かせない」or「中距離からパスコースを切ってプレーを限定させる」みたいな使い分けがシチュエーションごとに共有されていたし、

(2)ロングボールをクリスに競らせて瀬川とIJ、江坂が追うという攻撃はシンプルながら破壊力は大きかった。

岩瀬さんがテコ入れして劇的に変わった要因はここだろうなあ。

即ち、「守備を整備して、攻撃はむしろシンプルに」という作戦だ。

最も「安定感のある」鎌田と大輔を真ん中にして、CBとしてもやれる中山をボランチに、

左が江坂になったのは守備ならクリスより日本語でコミュニケーション出来るし試合中行方不明になることも少ない。

まあ何よりクリスは空中戦も相当強いので最前線が適任。

結果、名将岩瀬。ありがとう岩瀬さん。

来季もこのまま岩瀬さんで見たいって気持ちもあるけれど、

おそらくこの2試合は岩瀬さんの本当の戦い方というよりは奇襲気味のドーピングみたいなものだと思うので、それはまた別の話なのかなとか。

この奇襲を成功させる能力のある監督、選手たちだったことは素晴らしい。最後に正義を取り戻したダースベイダーみたいだな。

得点シーンとかはもう良いすか? 10発撃って1発決める本来のクリスが戻ってきて笑顔になってしまう。

栗澤の引退によせて

本当にお疲れ様でした。

栗澤と言えば、、どうしよう、これといったシーンが無い。AWAY水原のゴールなんてマグレだしなあ……(失礼)

とにかく、これといったシーンが無いのにスーパー大切な選手だと誰もが分かっているのが栗澤の凄さだった。

チームのために厳しい役回りを演じていたのかナチュラルに怖い人なのかは分からないけれど、練習中ワタルをビンタしてアウェイ遠征から外されたってエピソードはかなり栗澤らしくて好きだ。ツイッターで100いいね超えたので大体みんなのイメージもそんな感じなのだろう。

結構コーナーキックが上手かったり、ドリブルも上手かったり、嫁がタレントだったりと語れるポイントは多いのだけれど、

書いていると寂しいすね、なんで辞めちゃうんだ……

これだけ引き際が良いってことは指導者みたいな路線を考えているのだろうか。

憶測でモノを言うのは良くないけれど、きっと素晴らしい指導者になる。栗澤監督が就任する頃にはACLのカップに相応しいクラブになろうな!

第2のキャリアが良きものであることを(ささやかに)祈っています。ありがとう栗澤!

Vamos KURISAWA Allez Allez !!

シーズン終了の辞

はい。今年1年ほとんどの試合の感想文を書きました。

その結果が降格なのは完全に想定外。

開幕あたりのウキウキ感想文を読むと「殺してくれ!!!」って気持ちになりますね。

今さらながら意識してきたスタンスを挙げると、

  • 一度感情を整理してから書くよ
  • なるべくポジティブな内容にするよ
  • 小難しいサッカーの知識は排除するよ

的な感じだったのだけれど、案の定そんなに読まれませんでしたね。

読んでくださっている方はマジ感謝、両親とこの街にチェケラッチョ、みたいな。

インターネットの常としてセンセーショナルな内容の方がウケるので、来シーズンは

【悲報】柏レイソル、ACLからJ2へ降格決定wwww【加藤絶望】

みたいなノリでやっていこうと思います。嘘です。

J2でも応援するぞ! レプユニはダサかったら買わない! さあ流出に震えるストーブリーグの開幕だ!

日立台で観たかったなイニエスタ(川柳)

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ