ユニヲンジャック

柏レイソルも高安も逝って僕は無敵の人になってしまった。

ACL-02 vs天津権健 (2018-H)

太陽通信

柏レイソル 1-1 天津権健足球倶楽部

希望を……希望を捨ててはいかんよハリー……

と、急にダンブルドアのようになってしまうほどショックだった本日の一戦。

またも終盤の失点芸を披露してしまって心が壊れそうですが、希望を捨ててはいかんよハリー。

前半開始10分間ぐらいは天津権健の奇襲に遭うようなカタチで結構押し込まれたものの、それをやりすごして試合を落ち着かせていくうちに少しずつ芽生える感情 、

「この相手弱くないか……?」

ネームバリューがあるらしい外国人選手は試合に絡めていなかったし、中国人選手はアウェイもあってか要所でテンパっていた(中国だけに)し、荒めにコンタクトして主導権を握る作戦も即カードが出て破綻したし。

だが我々レイソルも格下への決定力不足はお家芸でね、クリスはPK外すわ、ハモンは左でも右でも持ち替えてシュートぎこちないわ、江坂は任らないわ、嫌な空気で0-0で後半へ。

後半の入りは良かった。早いうちにクリスが自作自演のトラミゴラッソで嫌な空気を断ち切る先制点をマーク。PKを外していただけにこの上ない人がこの上ない時間帯で獲ってくれたとホッとしたのだった。終わり。

……となるワケもなく、この後も決めきれないシーンが続きに続く。1得点で何分のハイライト動画作る気だよ!

そうこうしているうちに問題の試合終盤へ。

選手交代とか、うーむ、どうだったんでしょう。

今日に限ってはバテてる選手も居なかったし、前節DFを弄りすぎて崩壊したのを思うと下手に守備固めに走らなかったのもまあ分からなくはない。

ただどこかで「1点堅守」にスイッチするタイミングが必要だったし、シモさんは江坂やハモンあたりを下げて小泉を入れるなどでメッセージを伝えるべきだった。失点してから瀬川はあまりにカッコ悪い。つーか時間の無駄。

シモさんの交代カードの切り方については疑問を挟む一定の余地はずっとあるのだけれど、今日に関してはなあ、攻撃陣が試合を決めてくれよっていう色合いがあまりにも強い。江坂もハモンも連携ではフィットしているだけにもどかしい。

とにかく、就任3年目でACLをやれる監督はそうそう居ないので、どういう結果になろうともシモさんを信じようと今シーズンは決めているのでポジティブにやっていくしかない。

今年は勝負の年になることは分かっているし、逆にここで一枚岩になれなかったらベスト8で何故か達磨監督をクビにした頃から何も前進していないじゃないかとなりかねないワケで。

悲観することはないぜ! 内容だけで言えば去年勝ちきれなかったどの試合よりも多くの決定的な形を作れていたし、控えの選手だって頼れるメンバーが沢山いる。個人的には中川を見たいのだけれどナー。

Jリーグも開幕するし、切り替えていこうじゃないか。

totoを買うんだ! お金が好きだからね!!

もちろん柏の勝利予想だ! 柏が好きだからね!!

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ