ユニヲンジャック

柏レイソルも高安も逝って僕は無敵の人になってしまった。

ガンバ大阪

J-34 vsガンバ大阪 (2018 2nd) ~栗澤引退によせて~

柏レイソル 4-2 ガンバ大阪

うおおおお!! 強えええ!!!

このチーム降格するの??? なんで????

というわけで、先週ウルトラCで降格が決定した我がレイソル、今日は9連勝中のガンバを沈めました。Hooo↑↑↑

岩瀬体制になって、前節は現地に居たのでよく分からなかったけれど、とにかく前任の「無」と比べて全てがオーガナイズされていて凄く良かった。

続きを読む

天皇杯 vsガンバ大阪 (2017)

ガンバ大阪 2-3 柏レイソル

得点:クリス*2、古賀

こんばんは、クリスティアーノFCです(3年連続3回目)

リーグH脚大戦以来のやつ、書きましょう。

前半

スタメン発表の段階で中山ボランチというロマンだったので楽しみだったけれど、思ったより中山は目立っていなかった前半。

一度IJにアウト回転で出したロングパスは凄いと思ったけれど。

それよりかは久しぶりにスタメンの中川の猟犬プレスの方が印象的だった。これ涼しくなってきたからまたリーグでもやるのかな。

優勝には連勝が必要だし、ここでまた戦術をスイッチして連勝してた頃のハイプレスをやるのはおもしろいとは思う。

そして戦術クリス。正直ボールが高く弾んだ時点でああなる予感が凄かった。

東口は良いGKだけれど何かとヘンテコなゴールにゆかりのあるGKだという印象もある。

ちなみにレイソルOB南雄太は自分でゴールに投げ込んだ一件を除けば安定感のかたまりみたいなGKだったんだぜ、嘘みたいだろ……(余談終了)

ユンソギョンは聖域。前半ヤバかったと思うけれど割とこれぐらいのトラップ精度がデフォな気もするのでよく分からない。ハモンと話せるみたいな言語的な能力でもあるのかな知らんけど。

後半

なんかどちらにもお笑いゴールがガンガン入る。

古賀太陽はプロ初ゴール。あれもオウン云々の前に古賀のドフリーさがおかしくないすか。

柏はクリス下げるか~~ってなったと同時に失点(しかも悪い形)してかなり怪しい空気が流れたけれど、そこからはうまく時間を使って落ち着かせられたんじゃないかなあ、結局2点目入れられたけど。今日のIJはなんかボヤっとしてたな、酷使が祟ったか。

交代で出てきた大津が身体の強さを活かしてて良かった。大津にも常にロマンを感じている。タスクが多いレイソルサッカーだとフル出場では微妙に不安だけれど割り切った役割があるときは結構いつも良い。シュートは枠に飛ばない。

相手の印象だと今野も遠藤もおじさんダナーって。要所の怖さはあるけれども、もっと脳筋ハードワーク系とか出しといたほうが倉田や井手口の負担が減って良いんじゃないかな……という素人意見。

総括

勝ってよかった。結果が全てなのだ。

大事なリーグ終盤に向けたテストも兼ねて結果も着いてきたし、最近はシモ監督の采配も冴えている気がする。

ディエゴの不在とクリスの捻挫が気になるけれど、もし万が一アウトな選手が出てもそれを補える選手層も戦術もあると再確認できたのは良い。ボギョン武富の便利屋組が心強い。

あとハイプレスサッカーは観ていてハイになれるおもしろさがあるので、是非今後のリーグ戦でまた試して欲しい。

ハイプレスに殉じる1年なら失敗しても文句は言えないさ。

J1-02 vsガンバ大阪 (2017)

柏レイソル 1-3 ガンバ大阪

得点:小林

完敗です。ホーム開幕戦を落とす。

まだ作文する元気があるので書く。太陽通信。

前半

あっさり失点。なぜってぐらい淡白な守備だった。

そして失点は仕方ないとしてもパスの繋がらないこと。相手のハイプレスを往なすどころか普通に苦しんでた。良いところのない前半だった。

今思えばアデミウソンに速さでついていくのは難しいのでそれなりの対策をするべきだったと思う。異様にDFラインが高くて追いかけっこで不利になる場面が多かった。

後半

最速で小林のオレゴラッソで同点。ここまでは良い流れだった。

しかし、その流れがほとんど持続できない。とにかくパスが繋がらない。単純に今日はパスが短くなったりトラップミスしたりボールの扱いが上手くいってなかった。

ACL中のガンバのプレッシャーが効いていたのかもしれない、が、元々それをパス回しでどうのこうのするのが最近目指してる「レイソルのサッカー」なんじゃないすかね。

(この「レイソルのサッカー」は僕は結構懐疑的な目で見てます。吉田達磨監督、去年の下平監督での結果が示すように「レイソルのサッカー」だけでずっと勝てるメンバーでは無いわけで、そこで下平監督も模索しているであろう「第2の矢」が「レイソルのサッカー」とどこまで融合するんでしょうね、みたいな。)

IJ→オリベイラの決定的なシュートが東口選手に止められてしまう。

そして失点。何その淡白な守備。なんか今日は守備がガバガバだった。

そして前半はクソ柏贔屓だった審判が反旗を翻す圧巻の劇場型PK。

最終的にこの木村主審は両チームから文句を言われすぎて笛の吹き方を忘れてしまったようだ。どっちが吹っ飛ばされてもノーファウルなのウケる。

鳥栖戦といい審判がアレですよね。人間だからミスもある、とかそういう問題じゃあないんだよ、ミスすんなよ審判なんだから。

それかミスにならない仕組みを作ろうよ、ビデオジャッジでもなんでもあるだろ。

全体を通して

前向きに捉えるなら、あまりに酷い試合でも超惜しい試合でも負けは負けだ。

上手くいかないときはどうしたってあるのだから今後の試合で改善していけると良いのだろうなとは思う。

そもそも(新加入選手が戦線離脱している以上)前年から主力が数人抜けたのが現状なわけで、そうすると今日の古賀太陽のように若武者たちを出場させて覚醒に期待するっていうのが今シーズンを展望する正しい姿勢なのかもしれない。

「暫定首位だぜ!」とか浮かれてる場合ではないのだ。

そこそこいけそうだったので次節も右SBは古賀で良いのではないでしょうか。それ以上は皆まで言うまい。

読まれているやつ

新しく書いたやつ