ユニヲンジャック

ランダムで背景の色が変わります

J2-16 vsFC岐阜 (2019 1st)

太陽通信

柏レイソル 1-0 FC岐阜

DAZNが謎のエラーを吐いて視聴ができなくなってしまい、

仕方がないので買い物をしていました。勝った。

DAZNは復旧したけれど、結果の分かった試合を90分も観るのはしんどい。

そうだ、ダイジェストだけ観て感想文書いてみよう(新たな高みへ)

というわけで、オルンガが長くて助かったな~~っていう試合でした。

岐阜氏は現在最下位ということもあってもっと一方的な内容になるかと思ったけれど、上位相手で逆に割り切れていたのか中々手強い相手だった。

堅守速攻って響きは理想的だけれど、リソースが少ないチームでやっても実はどんどんジリ貧になっていくのが結構現実で、

その点今日の岐阜は守備力もあったしカウンターのワンチャンもあったし、どうしていつもレイソルの相手は調子が良いのか。

まあオルンガの反転シュートは外すほうが難しい説もあるけれど!

「最下位相手」で思い出すのは鹿児島戦で、あの時「10戦しても負け筋はこれしかないだろ」っていうやられ方で爆死したのを振り返ると今日は勝ち点3を掴めたのは大きい。

ネルシーニョのサッカーがどこまで2019年に通用するかは1年を通しての疑問かもしれないけれど、ブレないところは改めて凄いなと感じた。

序盤バブルor沼だったチームも含めて全日程の3分の1でこれだけ順位が落ち着いてくるのなら、

やっぱり全てが終わる頃には収まるべき順位表に収まると思うし、この戦い方は(楽しいかは置いておいて)凄く堅実。

琉球の勝敗に一喜一憂していた我々は浅かったのだ……

そして結局ダイジェストしか観ていないのでお茶を濁す限界がきてしまった。

1つ言える暴言として、オルンガは代表から落選してほしい。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ