ユニヲンジャック

ランダムで背景の色が変わります

今さらファイアパンチを読む男 (#473)

テキスト

ジャンプ連載のチェンソーマンがおもしろいので、作者の前作のファイアパンチを読んだ。今さらかよ!(さまぁ~ず三村)

1話がバズったときはアクション漫画のような印象だったのだけれど、

だんだん神と宗教、罪と罰、愛、みたいなテーマが浮かび上がってきて、

最終的には小説を読み終わったときのような感覚になる良作だった。

エンタメに特化した漫画も楽しいけれど、今作のように表現したい欲を詰め込んだような漫画はなんだか得られるものが大きい気がして良い。読むと疲れる。

内容は、主人公(身体の再生能力がある)が悪いやつ(炎の能力者)に村ごと焼かれて、炎上ボディのまま復讐を誓う、みたいな話。

やたらと再生能力者ばっかり出てくる点と、連載だから仕方がないけれどストーリーが荒削りな点には目をつぶっていこう。

(スーリャは何だったんだ)

神の存在を問う要素だったり、人間がそれぞれ意思を持って動いている要素が印象に残った。

あとはその意思だったり思考だったりが必ず誰かとの影響で繋がっていることとか。有り体に言えば人間は1人で生きているワケではないのだ、ということだったり。

逆にこの人全然ファイアパンチしないので、ファイアパンチ需要を求めている人は将太の寿司を読むと良いと思います。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ