ユニヲンジャック

地味に記事検索が使えるようになりました。

RAGE Shadowverse 参戦記 (#467)

友人に誘われシャドバの大会に参加して来た。

シャドバについては各位ググってください。スマホゲーの遊戯王的な。

ちょっと前までスマホゲーの大会とか正直バカにしていたのだけれど、シャドバに関して言えばプロリーグがあったり優勝賞金が400万円とかだったり盛り上がっているらしくて、

加えてシャドバに強い友人がいるのでその入れ知恵で400万取れないかな~~~みたいな感じでeスポーツのグランドラインに出航しました。ドン!

Day1→Day2→プレーオフを勝ち抜いた8人がGrandfinalというデカい舞台に立てるらしく、Day2には行けるでしょ(シャドバ歴1ヶ月)という見通しでいた。

まあもちろんDay1で敗退したんですけど。

5勝1敗がボーダーだったのだけれど、4勝2敗に沈んだ。クソァ

当日までマジで負ける気がしなかったのだけれど、会場に着いた瞬間に人の数に圧倒されて「勝てるワケねーだろ!」って冷静になってしまった。6000人参加していたらしい、ウケる。

この中でそこそこ強いプレーヤーとして認知されている友人、もしかして凄いのでは……? とか思った。試験の直前にシャドバの大会に出ていたときめちゃくちゃバカにしてごめんネ!

「eスポーツ」はスポーツか? っていうテーマは各人に任せるけれど、今回感じたのは高々ゲームと言えどかなり頭を使うし、運の要素は強いけれど連戦していくときちんと強い人が残る。

更にこの連戦がキモで、集中力を高いレベルで保ち続けるってかなり疲れる。

現に相手のミスで勝てた試合もあったり、「eスポーツ」ってネーミングは言い得て妙なのかもな、とか。いやオリンピックとかと同列に語るほどではないだろ、とか。

ただイベントに参加したこと自体は楽しかったし、「ホントにそのランク(柔道でいう帯の色)ですか!?」と対戦相手に褒められたりもしたので次回は400万円貰ったと思っている。

オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな、このはてしなく遠いシャドバ坂をよ……

稀勢の里が去った日 (#466)

テキスト

分かってはいたけれど、稀勢も引退……

心のどこかで復活を願っていたから、いざ引退となると本当に寂しい。

結果として横綱に上がって最初の場所、あの怪我をおしての逆転優勝が分水嶺だった。

ただあの千秋楽は相撲を観てきた中で最高の取組だったし、あの初場所だけで稀勢の里は立派に横綱を見せてくれたと思う。

安い評論に釣られて心無い言葉を吐いたり、稀勢を弱い力士だと思っている人たちに何か説明をしようとも思わない。

稀勢の里はオレのものだ、オレだけがその価値を分かっていれば良い。

お疲れ様でした。

というか今場所は上位陣が軒並み調子を落としていて、世代交代なんて一夜で起こってしまうのかもしれないなんて気分になっている。

そして高安は間違ってもそっち側じゃないからな! 優勝して次の横綱になるんだ! レベルの高い大学に行くんだ!

あ、あの人はオカシイからノーカン。

そろそろ横綱の上に白鵬って位を作っても良いんじゃないすかね(適当)

ニイマルイチキュウ (#464)

テキスト

明けましておめでとう。

去年は柏レイソルがACLに出たり、冬季オリンピックがアツかったり、ワ杯がアツかったりと非常に良い1年でした。

まあレイソルはその後墜落してJ2に落ちたんすけど。

というわけで、J1昇格は勿論、高安(相撲)の優勝の2本立てに期待したい2019年。

私的な部分では就活があるので、「覚悟と笑顔」みたいなテーマでやっていきたい。

いままで結構「何でも全部出来る」って気持ちだったのだけれど、まあ当然そんなことはないのだけれど、気持ち的にはそんな生き方だった今までから段々何かを割り切る・切り捨てることにも肯定的になってきたので、やっていくしかない。

ただ「笑顔」要素もやはり重要。

引き続きエッジの効いた価値観を持っていたい。何もおもしろいことは書けていない。

今年もおみくじは小吉でした。

「勉強とか頑張らないと中途半端にやってもゼロだよ」的なことが書かれていて微妙な表情になったけれど、「頑張らないと神罰がくだる」と書かれていた去年よりはマシ……なんすかね。

今年もよろしく2019。本厄です。

読まれているやつ

新しく書いたやつ