ユニヲンジャック

ドラクエ10完全に放置しているのにエル子が地味に読まれていて申し訳ない。

テキスト

メインコンテンツ。雑多にやっていきます。

魂のコンビニバイト (#448)

テキスト

ノリで始めたコンビニバイト、試験監督ぐらいやり甲斐がある。

いやホント、辞めていいとなったら今すぐ辞めますってぐらいには時間とお金の等価交換だ。人飼いの獣パプかなって。

コンビニバイトって色々やることがあって大変そうって思うじゃないすか、アレほとんどレジが勝手にやってくれるからね、うん。

全面的にバーコード通すだけ。セルフレジはジャスコに置いてる場合じゃあないんだよ。脳が凍りついていくのを実感したい人にはオススメです。

なにより1番気に入らないのが、世の中の人間たちはどうしてこう現金を使うのだろうという部分だ。

会計が面倒で、時間も掛かって、ポイントやキャンペーンの恩恵も一切ない。

あるのは「現金が手元にある」っていう安心感ぐらいだと思うと、どう考えたってクレジットなりsuicaなりnanacoなり作ったほうが世界はハッピーに回ってゆくじゃないすか。

識者曰く、「クレジットは手元にお金がないから使い過ぎが怖い」のだそうだ。んな猿じゃないんだから、トチの実の数は自分で数えてくれよ。朝三暮四の話です。

ただ人には好みってものがあるので、現金が好きな人の個性も認めないわけにはいかない。

そこでステップ2だ。財布は絶対に長財布の方が良い。

ぐにゃぐにゃになったお札がレジで扱うのに手間っていう理由もある。確かにあるのだけれど、それ以上にスタイルとして

「ぐにゃぐにゃのお札で支払う人」と「反ってないお札で支払う人」だったら絶対に後者の方が良い人生を送るに値する人じゃないすか? 僕の言っていることについてきていますかね?

いや二つ折りとか可愛いもので、マジでターバン野口みたいなお札で払う客も平気でいるからね。

ターバン野口みたいなお札を世の中に散布してる人、抽象的に言って絶対ダメでしょ。具体的に言うとワンカップ大関とよく分かんねえ煙草を買っている。

こうしてイラっとくる客を明確に定義出来ると、逆に気持ちの良い「デキる」お客さんもシミュレーション出来るわけです。

「支払いはQuicpayで」(スピーディな会計。マイルも貯まる)

「温めは結構です」(家で食べるから自宅のレンジを使えば良い)

「レシート頂けますか」(するべき主張はきちんと、言葉遣い良く)

『お箸はご利用ですか?』「あ、お願いします」

……

家で食べるなら……

家の箸を使えや!!!!!!

エアリズムは概念 (#447)

テキスト

夏でも冬でも快適な最強の下着として皆さんご存知の、まあ着ていない人は居ないと思うエアリズムなのですが、(エアリズム厨)

この間ユニクロに行ったら「エアリズムパーカー」なるものが売っていた。

それは聞いていないぜって感じだ。

エアリズムってたぶんだけれど下着に特化して最強の人たちが性能を究めていった成果なのだと思っていて、それが簡単にパーカーになり得るのだろうか。

1番下から1番上へのコンバートもそうだし、何よりその過程でエアリズムのアイデンティティが失われてはいないだろうか。

「高速クロス」でお馴染みだった酒井宏樹はフランスリーグでは「対人守備の酒井」と称されているらしい。そして、後はクロスの精度が上がれば、とか言われている。それって柏サポ的には少しさみしかったりもする。

まあとにかく、エアリズムパーカーがなんぼのもんじゃいって気持ちで買うじゃないすか、スゲー良い。

決してカッコ良くはないのでそこはアレなのだけれど、薄くて軽いし、羽織ると肌寒さが治まるけれど暑苦しいってほどではない。

つまり、朝はパンイチだと風邪をひくけれど昼はアルフォートがカバンの中でドロドロになるってぐらい気候が不安定な今の時期にちょうど良いのだ。カーディガンを常備する女子の気持ちが分かったような気がします。(23歳・学生)

この歳になると柄の好みより無難さを考えてしまって、私服がどんどん無地になっていく。

それって即ちユニクロお兄さんなのだけれど、最近は更に進んでエアリズムお兄さんになりつつある。

エアリズムジーンズの発売、お待ちしております。

時代はアイロン掛け (#446)

テキスト

ゴールデンウィークだからといって特に気合を入れて取り組むこともなく、みたいな感じで例によって時間を湯水のごとく遣っているのだけれど、最近なかなか良いのがアイロン掛けだ。

なにか音楽とか流しながら、シャツに只管(ひたすら)アイロンを掛けるのだ。

この時期は暑くも寒くもないのでアイロン周りの熱も心地よいし、何よりシャツが順番にパリッとなっていくのが気持ち良い。

ググった通りの作法で襟、肩、袖、正面左、背面、正面右、の順だ。手でシワを伸ばすのが意外と重要だぞ。

1枚のシャツを掛け終えるにはけっこうな時間が掛かるし、それを何枚も繰り返していると当然それだけ時間は経つ。経つのだけれど、それで経過した時間って1時間ぐらいのものなんすよね。

休日の1時間ってマッハで過ぎてしまうものだけれど、アイロンを掛けていると時間の流れはゆっくりとしてくるし、

最終的に自分が何かそういうキャラクターになったような気分になってくる。

いつも自室でアイロンを掛けていて、主人公の訪れをじっと待っている、的な。

だから何だよって言われると、お前らもどうせヒマなんだからシャツぐらいピシッとしろよとしか言えません。(急に煽っていくスタイル)

読まれているやつ

新しく書いたやつ