ユニヲンジャック

ランダムで背景の色が変わります

カラマーゾフ撃破 (#472)

テキスト

遂に『カラマーゾフの兄弟』を読み終わった。

去年の10月から読んでいたので約半年のプリズン、端的に言ってキツかった。

この小説のキツいところとして文量や宗教絡みのムツカシさが一般に挙げられるけれど、

僕の印象としては登場人物が全員もれなく精神異常者だったのが1番キツかった。

基本的にカラマーゾフ3兄弟と父親と彼らの恋人がヒステリックに金や愛を奪い合う話なのだけれど、

ところどころで発狂が入るので「人間とはかくも浅ましい生き物……」みたいなラスボスの思想になってくる。

愛人を奪われることを恐れた長男が、「(来てないのに)あの娘を出せ!!!!」とか言って家に乗り込んできて父親をボコボコに殴ったり、

そもそも長男の奥さんは別にいて浮気を半ば容認していたのに、夫が無実の殺人罪に問われたら急に「私知ってる!!!! 彼が殺したのよ!!!!」とか日ごろの恨みを最悪の形で返してきたり、

金を貸してくれそうって話で借りに行ったら「金鉱!!!! 金鉱に行けばいいと思う!!!! 金鉱に行けば確実に儲かるし金は貸したも同然!!!!」とか言われるし、全部狂っている。

そして本筋がおもしろかったかと言われると、文量で換算して普通の中編5冊分のおもしろさは確実に無い。

無いのだけれど、時代を越えて読まれる本ってこういうことなのかなという要素は確かに感じる。夏目漱石の『こころ』とかそういう感じ。Kが死ぬところしか読んでないけど。

何より意味不明なのは、2作構成の1作目だけ書いてドストエフスキーが死んでしまったので、これだけ読まされて微妙に未完という事実だ。

一応キリよく終わったから良かったのだけれど、いや、もうちょっと頑張って欲しかった。

あ、オススメはしません。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

読まれているやつ

新しく書いたやつ